2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08














スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

HG ダブルオークアンタ(クリアーカラーバージョン) 



9月18日から、『劇場版 機動戦士ガンダム00 -A waking of the Trailblazer-』がの公開が始まりました!

さっそく観てきましたよー!うおー!
さらに劇場にて限定販売されていた『HG 1/144 ダブルオークアンタ クリアカラーバージョン』を購入しましたよー!うおー!

組みましたよー!
パチ組み、部分塗装に加え一部にH-EYESを使用しています。シールはカメラアイの部分にだけ貼りました。
そして写真もうpしました~!うおー!

見てあげるとしょうのすけの中の人がトランザムッ!!



※劇場版本編のネタバレもあるので、未見の人は注意してください!




『ダブルオークアンタ!』



イノベイターとして覚醒した刹那・F・セイエイ専用の最新型のガンダムです。



ツインドライヴのために新たに開発された太陽炉を2基搭載しています。



お顔アップ!
頭部や胸部等、機体各所にあるレンズパーツは裏側から『クリヤーグリーン』で塗装をしています。
さらにレンズをハメ込む箇所はメタリックカラーの『アルミ』で塗装しました。

クリヤーグリーン&アルミの相乗効果により、かなり僕の好みにキラキラするようになりましたw



耳にあたる部分にあるレンズも塗装!



背中のGNドライヴにはH-EYES!
ペタッと貼りつけてしまいましたよ。
設定だとこんなにレンズが盛り上がってるわけじゃないんですけどね。
これもあくまで僕好みに仕上げちゃいました。



腕や脚のレンズも塗装!



脚のレンズあっぷ!
汚いなさすがしょうのすけ汚い。

筆塗りでムラがある上に、完全に乾ききる前にレンズをハメ込んだので
塗料がちょっと削れてます。これは良くない例です。良い子は真似してはいけません。
僕はいいのです。
自分で買ったガンプラで自己責任で塗装してるから、これでいいんです。満足してますw



武器&シールド!



GNソードVとGNシールドです。



さらに6基のソードビットをシールドに装着させることができます。
GNシールドにはもう1基のGNドライヴが搭載されていて、
シールドに装着したソードビットのGN粒子を素早くチャージさせることができるそうです。



クリアーカラーなのでシールド内部のGNドライヴが透けちゃってます。いや~ん。






クアンタ本体とシールドを接続しているアームはフレキシブルに可動!





ほんとニョキニョキッと動きます。



シールドを背負わせる感じにも。



これまたクリアーカラーのディスプレイスタンドも付属しています(組み立て式)





スタンド付属だなんて、気がきくねバンダイさん!







しかし、スタンドのアームが可動するタイプではないので
使い勝手は正直微妙…。まぁ、あくまでオマケ程度のものですね。



そんなわけで別売りのアクションスタンドを使用することにしました。







ひゃっほい!こっちのほうが圧倒的にブンドドしやすいぜ~!











刹那のガンダムと言ったら、やっぱGNソードですよね。
GNソードに加え、6基のソードビットということで、
見事にガンダムセブンソードの別名を踏襲しております。







ブンドド~!!
クリアーカラーかっちょえ~。大好きです、クリアーカラー大好きですw



ソードの刃を90度回転させることにより、ライフルモードになります。







斬撃と射撃の複合武器、ってのもエクシアからの伝統であります。










ブンドド~!!



びっくりどっきりギミック~!

なんと、ソードビットをGNソードにドッキングさせることにより、
バスターソード形態となるのです!うひょー!





長い、太い…!







びっくりどっきりギミックその2~!
GNシールドのドライヴと本体のギミックが直結~!?





このツインドライヴの直結が、クアンタの真の切り札…。って感じでしたね。







オラオラ~、ってなもんで、やる気満々の刹那さんです。
ぶっちゃけ、こんなシーン無いんですけどねw

ダブルオークアンタは対話をするための機体ですから。



まぁ、せっかくなのでガンプラのクアンタさんには僕の独断と偏見でブンドドしてもらいますw







対話もクソもねーよ!って相手には、刹那もクアンタで大暴れするかもしれません。



もしスパロボに参戦したら、対話どころじゃないよって敵対勢力ばっかりになりそうですからねw





GNソードにドッキングしたソードビットの配置を変えることによって、
バスターライフル形態へ変形することもできます。











いや~、このバスターライフルは凄かったですね~…。
CB号の主砲並み、いやそれ以上の威力があったかも。



スパロボに参戦したら…、と妄想ばかりしてしまうスパロボ馬鹿です。



「いいか刹那、トランザムするなよ?絶対にトランザムするなよ!?」
「耳元で怒鳴るな…!」



「トランザムッ…!!」
「あぁっ、刹那っ…!まだトランザムには…!」



こんな愉快なやり取りがスパロボで再現されるかもしれません。



いやそれどころかスパロボだったら、ELSとの対話後に
ティエリアが新たな○○を○○して、ラファエルも○○するに違いない!

やっぱCBのガンダムは4機揃えて使いたいですもんね。



まぁいつになるか分からないスパロボ参戦の妄想をしていても仕方ないんですけどw



というわけでブンドド再開!!



シールドに装着するソードビットの配置を変えてなんちゃってウィングw



配置を変える、っつーか無理やりソードビットをくっつけてるだけって感じです。





にょきっ!と、さらにパターンを変えてみたり。



ホントに無理やりくっつけてるだけなんで、
ソードビットの軟質パーツに細かい傷がついたり、
最悪折れまがってしまう可能性もある諸刃の剣です。良い子は真似してはいけません!



何とも言えないかっこよさがあるので、僕は自重しませんけどね!w







なんちゃってウィングでブ~ンドドド~!!





ゴッドorフリーダム的なウィングになってしまいました。



さらになんちゃってウィングなままシールドを前面に出してみたり…



背面にまわしたシールドをクルッと回転させたりとおふざけ全開です。







この配置が、一番しっくりくるかな…!





「行こう、彼らの母星へ…」




ラストシーンのクアンタの背中のソードビット、
どんな配置になってたっけな…。いまいち思い出せないので適当ですw

しかしよくもまぁこんなにいっぱい写真うpしましたね~。
この記事だけで90枚以上うpしてますねwがんばりすぎですね。
まぁちゃんとしたレビュー記事じゃなくて、
ただ撮った写真をうpしてるだけなんで、多かろうと少なかろうとマイペースでやればおkですよね。

劇場版のちょっとした感想なんですが、
『ダブルオー』のストーリーとしては、上手いこと完結していたと思います。
『ガンダム』の映画として構えて観るのではなく、
あくまでTV版『ダブルオー』の完結編として観ると、色々と納得のいく出来栄えだったんじゃないでしょうか。

僕は、面白くなかったというわけじゃないんですけど、
どうにも消化不良なのでもう1回観に行くつもりですw

もっかい観れば自分の中でも上手いこと整理がついて、
『ダブルオー』シリーズをより好きになれると思ってます。

最後まで目を通してくださってありがとうございました~!

[ 2010/09/23 23:12 ] ガンプラ・ガンダムネタ | TB(0) | CM(1)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/09/26 11:43 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://luckyminorun.blog88.fc2.com/tb.php/271-59fe8860


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。